一般社団法人シェフズクラブ北海道 活動報告|ハナムラチカヒロ「まなざしのデザイン」出版記念講和会

シェフズクラブ北海道シェフズクラブ北海道理念と活動内容理念と活動内容シェフ名簿シェフ名簿活動報告活動報告プロダクトプロダクトbutton_05.pngbutton_05.png
line.png

_30_30px.png
report_01.png

シェフズクラブ北海道 会員シェフたちの活動をお伝えします。
_15_15px.png

ハナムラチカヒロ
「まなざしのデザイン」出版記念講和会

2017年11月24日

IMG_1758.JPG補正済まなざしのデザイン.png

ランドスケープアーティストであり俳優のハナムラチカヒロさんが、ご自身の著「まなざしのデザイン」出版記念の講和会を開催されました。
ハナムラさんは「モノの見方を変えること」を「まなざしをデザインする」と表現し、今までとは違った風景・感情・事情や背景などが、見えてくるのではないだろうかと考えていらっしゃいます。
日頃、それとなく過ごす日常も「まなざしをデザインする」事で新しい思考や環境を創っていけるのではないでしょうか。
忙しい毎日の中、自分を見つめ直す事はそう多くはないので、より一層興味深いお話でした。人としてのあり方を考えさせられる、良い機会を与えて下さった講和会になりました。

ハナムラさんありがとうございました。



ハナムラ チカヒロ
1976年生まれ。博士(緑地環境科学)。大阪府立大学経済学研究科観光地域創造専攻・准教授。バルセロナ大学遺産観光研究所客員研究員。大阪府立大学生命環境科学研究科修了後、大阪大学コミュニケーションデザイン・センター特任助教を経て、現職。専門であるランドスケープデザインとコミュニケーションデザインをベースにした風景異化論を元に、空間アートの制作や、映像や舞台などでのパフォーマンスも行う。「霧はれて光きたる春」で第1回日本空間デザイン大賞・日本経済新聞社受賞。

画像をクリックすると、大きなサイズでご覧になれます。