一般社団法人シェフズクラブ北海道 活動報告|北海道の冬 おもてなし朝食

シェフズクラブ北海道シェフズクラブ北海道理念と活動内容理念と活動内容シェフ名簿シェフ名簿活動報告活動報告プロダクトプロダクトbutton_05.pngbutton_05.png
line.png

_30_30px.png
report_01.png

シェフズクラブ北海道 会員シェフたちの活動をお伝えします。
_15_15px.png

北海道の冬 おもてなし朝食

2015年2月5日-11日
開催地:札幌市北3条広場(愛称アカプラ)


DSC02743_web.jpg

巨大かまくらに泊まろう 主催:Airbnb
さっぽろ雪まつり期間中に行われたこの企画のご宿泊者に、シェフズクラブ北海道が心づくしの朝食でおもてなし。
国際薬膳調理師の資格を持つ石井登シェフによる、薬膳の視点から北海道素材を存分に使った、一日のはじまりにふさわしい心も身体も温まるメニューの数々。
薬膳とは、簡単に言うと「日々の食から健康をつくっていく」ということです。せわしない日々の中で、当たり前のようで忘れがちな「食」のことを、石井シェフ自ら参加された方へ美味しい料理と共に丁寧に説明しました。

温野菜3_FB.jpg

「体の内側から温め、生命力を補う朝食を」という石井シェフの想いのもと、北海道の冬を五感で味わうことのできるメニューとなりました。
北の大地で育ったパワフルな素材のチカラを最大限に生かすことで、氷点下の寒さに凍えた体を内側から癒やし、温めます。今回のために石井シェフ自らが、北海道のあらゆる産地から冬の逸品素材たちを厳選しました。
まるでさつまいものような甘みのあるじゃがいも「帯広産 プレミアムインカ」、しっとり甘くみずみずしい「栗山産 雪中大根」等…あまり知られてはいませんが、北海道の冬だからこそ味わいが濃くて甘い栄養抜群な野菜になるのです。
参加された方からは、こだわりぬいた贅沢な一品一品に驚きと喜びの声を頂きました。
「冬に北海道でアスパラやマンゴーを作っている農家がいることに驚きました。濃くて甘い野菜の味わいにとても感動しました」
「体が芯から温まる贅沢な朝食でした。北海道の素敵な思い出になりました」
「8歳の娘はアスパラが苦手だったのですが、この料理は美味しいと言って食べることができました。やっぱり北海道の野菜は美味しさが全然違いますね」

素材本来の美味しさが詰まった北海道食材の力強さに舌鼓を打ちながら、笑顔と会話があふれる冬の朝を迎えました。


MENU

北海道産温野菜 血液さらさらドレッシング
血液の巡りを良くし、寝起きの乾いたからだに潤いを与えます。
栗山産 雪中大根、新篠津産 雪原アスパラ、江別産 雪中キャベツ、
帯広産 完熟ゆりね、江別産 シャドークイン、帯広産 プレミアムインカ

和寒町 雪化粧かぼちゃスープ
からだを芯から温め、溜まった疲れを癒やします。糖尿病にも効果的です。
和寒産 雪化粧かぼちゃ

湯葉と枝幸産干し貝柱の旨味粥
からだの弱った部分を優しく補いながら、腸の働きを整えます。
十勝産 大豆湯葉、枝幸産 干し貝柱、北海道産ななつぼし、十六種雑穀
(もちあわ、発芽玄米、黒米、黒大豆、アマランサス、高きび、キヌア、小豆、
黒ごま、白ごま、はとむぎ、赤米、もちきび、大麦、ひえ、とうもろこし)

十勝 川西長芋と地卵のふわふわオムレツ 甘えびソース
コレステロール値を下げ新陳代謝を促して、肌と全身を若々しく保ちます。
十勝産 川西長芋、札幌産 永光玉子、羽幌産 甘えび

十勝どろぶたのベーコン
老廃物を排出する“腎”の働きを補い、朝のからだに活力を与えます。
十勝産 八ヶ月飼育放牧豚ばら肉

杏仁豆腐 北の完熟マンゴーソース カットフルーツ添え
からだの中の水分バランスを整え、喉を潤したり むくみを解消します。
浦臼産 マンゴー、北海道産 牛乳・生クリーム、中国産 杏仁

シェフズクラブ北海道ブレンドコーヒー
無農薬・有機栽培で作られたスペシャルティコーヒーをオリジナルブレンド。
柔らかい飲み口と、ほんのり広がる果実味の余韻をお楽しみください。

画像をクリックすると、大きなサイズでご覧になれます。

湯葉と貝柱の旨味粥4_web.jpg石井シェフ5_FB.jpgどろぶたベーコン、長芋と卵甘エビソース3_FB.jpg石井シェフ7_FB.jpg
メニューイメージ写真06_FB.jpg150205_kamakura02.jpgDSC02561_web.jpgDSC02633_web.jpg
DSC02695_web.jpgDSC02711_web.jpgDSC03006_web.jpgDSC03008_web.jpg