一般社団法人シェフズクラブ北海道 活動報告|2013食クラフェスタ

シェフズクラブ北海道シェフズクラブ北海道理念と活動内容理念と活動内容シェフ名簿シェフ名簿活動報告活動報告プロダクトプロダクトbutton_05.pngbutton_05.png
line.png

_30_30px.png
report_01.png

シェフズクラブ北海道 会員シェフたちの活動をお伝えします。
_15_15px.png

2013食クラフェスタ

2013年2月15日(金) 開催地:北海道 札幌パークホテル


食クラスター活動が本格展開してから約3年。道内において食のブランド化の取り組みが一層進むなか、これまでの食クラスター活動の集大成を発表するとともに、今後の展開につなげられる生産者〜加工メーカー〜料理人〜流通関係者等の交流の場として「2013食クラフェスタ」を開催。

シェフズクラブ北海道からは、石井登シェフ、佐藤徳幸シェフ、髙尾僚将シェフ、田村克人シェフ、長根山仁志シェフが参加し、道産食材生産者たちや食に携わる人たちと交流しました。

130215食クラフェスタ_01.jpg左から、佐藤シェフ、脇屋シェフ[特別協賛]、石井シェフ、髙尾シェフ、田村シェフ
130215食クラフェスタ_03.jpg新鮮な道産食材を、シェフの視点から吟味。イベント内では料理人と食材生産者の交流の場が設けられ、全道各地で美味しい食材作りをしている生産者と、道内食材にこだわるシェフ達との間で熱心な情報交換が繰り広げられました。
全道各地から、新鮮野菜や道産牛、昆布、道産ワイン、チーズなど北海道が誇る食材たちが勢揃いしました。



130215食クラフェスタ_04.jpg脇屋シェフとの歓談。北海道札幌市出身で、現在は東京赤坂でオーナーシェフを務める脇屋友詞氏もイベントに参加し、シェフズクラブ北海道の活動に強い関心を示していただきました。
シェフ同士の会話も弾み、シェフ間の連携もより一層強まりました。



北海道食材に希望を見いだし活用したいと考えるシェフ達と、北海道内各地の食材とその生産者たち。今イベントは、両者の距離をぐっと近づける絶好の機会となりました。
「北海道の食」というテーマのもとに、あらゆる人々が一堂に会したこの場は、「北海道」を「食」で元気にしようという熱気と希望が満ちていました。

食クラスター活動とは?
厳しい環境が続いている北海道経済の中にあって、国内外から高い支持を受けている「希望の星」である食の分野において、食に関わる幅広い産業(産)と関連機関(学官金)がオール北海道で今まで以上に緊密に連携・協働できる体制を整備するとともに、効果的なバリューチェーン(価値連鎖)の形成に努め、北海道ならではの食の総合産業を構築しようとする取組です。
食クラスター連携協議体ホームページ