一般社団法人シェフズクラブ北海道 プロダクト | 北海道海鮮塩湯麺 石井登01

シェフズクラブ北海道シェフズクラブ北海道理念と活動内容理念と活動内容シェフ名簿シェフ名簿活動報告活動報告プロダクトプロダクトbutton_05.pngbutton_05.png
line.png

_30_30px.png
_30_30px.png
title_isii.jpg
_20_20px.png

tanmen01.jpg


北海道海鮮塩湯麺
Hokkaido kaisen sio tanmen

北海道が生きた、至福の一杯。

化学調味料を使わないこと。北海道の食材を生かすこと。
石井シェフのこだわりが、至福の一杯になりました。
道産小麦の風味を生かした細麺に、
魚介類の旨みたっぷりの湯(スープ)。
熱々のとろみが絡む“湯麺”が、
ご家庭のひとつの鍋で手軽につくることができます。
No MSG 本商品は化学調味料を使用しておりません。

アレルギー物質
特定原材料(7品目):小麦、卵、えび
特定原材料に準ずるもの(20品目):大豆、鶏肉、豚肉

tanmen02.jpg
_30_30px.png

product_01.png
_30_30px.png

_30_30px.png
_30_30px.png
tanmen03.jpg
_20_20px.png

_20_20px.png
product_ishii01_04.png
product_ishii01_02.png
「No MSG」を掲げたこの北海道海鮮塩湯麺。「No MSG」とは、化学調味料(グルタミン酸ナトリウム)を使用していないということ。実はこの「No MSG」、生ラーメン商品業界の中では非常に珍しく、画期的なことなのです。
化学調味料を使えば簡単に表現することが出来る「旨味」。
しかし、石井シェフは自身の料理人としての経験値とプライドに懸けて、化学調味料を使わない商品開発に踏み切りました。その理由は、「たくさんの人に、美味しく安全な北海道食材の味を知ってもらいたい」から。石井シェフは「北海道の力」を信じ、それをさらに広めたいと常に考えています。その想いを形にするべく、化学調味料を使わず、北海道食材の力強さや豊かな味わいを閉じ込めた「湯麺」の開発が始まったのです。





product_ishii01_05.png
食材-04.jpg
石井シェフの作る海鮮湯麺は、ハッとするほど海鮮の旨味がつまった、滋味豊かな優しい味わい。この感動をそのままパッケージ化する為に、試行錯誤の日々が続きました。
湯(スープ)は、北海道産のホタテをベースに、魚介や野菜、しいたけなどを使ったダシもたっぷりと。深みのある海鮮の香りも大きなポイントです。こうして細部までこだわりぬいて完成した湯(スープ)は、まさに北海道の海鮮の力強さと優しさ、味わい深さを表現したものとなりました。
石井シェフは北海道産小麦を使用した細麺にもこだわります。繊細な湯(スープ)との見事な調和を生むために、妥協は出来ません。すべては「北海道」の美味しいひと皿を、もっとたくさんの人に味わってもらうため。製麺会社と打合せを重ね、何度も作り直してもらいました。




product_ishii01_06.png
IS0305_01.jpg
こうしてたくさんの困難を乗り越え、完成した「北海道海鮮塩湯麺」。
トロッとした湯(スープ)が絡んだ細麺をひとくち食べた瞬間に広がる、豊かな海鮮の味わい。ひとつの鍋で、だれでも簡単に作れることにもこだわりました。
「もっとたくさんの人に、北海道食材の美味しさがつまったシェフのひと皿を」
この湯麺を口にすればきっと、石井シェフの熱い想いを感じていただけるはずです。


_30_30px.png
_15_15px.png

Mr_ishii.jpg中国料理 石井 登 NOBORU ISHII

北海道で生まれ育った料理人として、北海道の優良なる大地が育む山の幸、海の幸、春夏秋冬と季節感を上手に取り込み、地産地消をコンセプトにした、生産者と消費者を有機的につなげていくことを信条に料理を提供。医食同源(薬食同源)、陰陽五行の思想を取り込みながら、中国料理人ならではの料理コンセプトを展開。ホテル料理長を歴任後、 2010年にオーナーシェフとして「中国菜家 季璃香」を札幌大通にオープン。

_30_30px.png

_30_30px.png
product_01.png
_30_30px.png